ホーム ニュース 事業案内
会社概要
WeChatの歴史
2017年03月07日

皆さんは、あまり聞いたことがないかもしれませんが、WeChatは今、中国で最も人気のある主要なメッセンジャーアプリです。現在、店内での支払いをはじめ、オンラインショッピング、交通機関の検索や予約など、WeChatは中国全国民に日常的に使用されています。もしあなたが中国に住んでいるのなら、複数のアプリを併用しなくても、WeChat一つで全てのことを可能にしてくれるでしょう。

WeChatはLINEやSnapchatの中国版のようなものです。今回はそんなWeChat開発の歴史を紹介していきます。

strong>ウィチャットの歴史
ウィチャットは、今から6年前に生まれました。 ここに中国の最も重要なアプリの歴史があります。

2010年10月:開発スタート

本社がある深センから離れた、中国南部の広州の一都市にある”Tencent”の支社で、少人数のチームによるモバイルチャットアプリ開発を開始しました。

2011年1月21日:メッセージングアプリがリリース

MSN式のQQインスタントメッセンジャー及びQzo??neソーシャルネットワーク(2011年当初、7.8億のアクティブユーザーを持つ)を基盤にして、モバイル情報の応用プログラムを1つ作ることによって、大ブレイクしました。

2011年8月:ビデオクリップを追加しました。
August 2011:?WeChat adds video clips

2012年3月: 登録ユーザー1億人にも昇りました。

2012年7月:音声及びビデオコールが追加され、登録ユーザーが6ヵ月の間、倍増で2億人に達しました。

2012年12月:ブラックベリー

Tencentは、BlackBerryのためのウィチャットを打ち出しました。これは、若い世代の電話ユーザーの多くを持つインドネシア、マレーシア及び中東全体の国々の新しい市場への事業拡大の一環として、大いに意味をしました。

2013年1月:3億登録ユーザー

2013年8月:中国以外の国に登録ユーザーが100万人に成長

2013年9月:ウィチャット自動販売機登場

1ヵ月テストした後、300台のウィチャットで支払う自動販売機は、ついに北京の一部の地下鉄駅で設置されました。今は、中国の主要都市ではかなり一般的な光景です。

2014年1月: タクシーの予約機能の追加

ウィチャットは、モバイルコマースへのもう一つの大きな押込み力で2014年をスタートしました。後、その主なライバルで、Kuaidi Dacheとの提携は、人々がタクシーの拾いから支払いまで、キャッシュレスで、全てウィチャット中で行えるようになりました。

これは、中国で人気のある機能の一つで、また、この動きによって、Didiに約1億ドルの資金調達に貢献しました。

2014年6月:送金機能の追加

ウィチャットのおサイフケータイは、人々が彼らの仲間達に送金することができ、さらに便利になりました。

2014年9月:WeChatでアイスクリームの支払い

ウィチャットウォレットが登場以来、初めて店舗内でのキャッシュレス支払いは、カードでの決済になりました。

2015年1月:ビッグブランドがWeChat広告に参入

2015年3月:5

ウィチャットは、2014年第4半期にアクティブユーザー数(MAUs)が5億に達したことが、Tencentは3月に明らかにしました。

2015年11月:6.5

2016年1月: 裁判所で使用

¥現在中国国内で一部の裁判官の間では、WeChatのテキストと写真共有機能を試験的に使用しているようです。WeChatだけで様々な機能を実現することが可能となり、中国だけでなく世界中のユーザーの増加が予想されます

また、当社(Wrapious Ltd.)が新たに設計されたSNS Wrappyや、暗号通貨Proteusionによる決済、暗号通貨取引及び.送金などは、近い将来も大きく期待されています。

 

 
参考文献:

WeChat is 5 years old. Heres how its grown

https://www.techinasia.com/5-years-of-wechat

The amazing ways WeChat is used in China

https://www.techinasia.com/how-wechat-is-really-used-in-china

ニューストップ NEWS WeChatの歴史