ホーム ニュース 事業案内
会社概要
ドバイ国際空港がブロックチェーン技術によって入国審査自動化へ
2017年07月04日

Coindeskが6月9日に掲載した記事によると、「ドバイがブロックチェーン技術を使用したデジタルパスポートを計画」によると、ドバイ政府がデジタルパスポートをつくり、首長国地域にスムーズに入国するために、ObjectTechというイギリスの新興企業と提携しました。

ObjectTech社は、ドバイ国際空港で入国審査を自動化することが出来るブロックチェーン技術ベースの安全対策を導入する方法を話し合うため、ドバイの移民局とビサ局とを連携させることに一週間を費やしました。

この新興企業が言うところによると、このシステムの使用は、照合と、乗客の入国を事前承認し認可するブロックチェーン技術とを結合しました。ショートチャネルを経由した3Dスキャンを通しての照合プロセス作業は、乗客を入国審査で止まらせることなく、航空機から降機して手荷物引取所へ直接向わせることを可能にします。

ブロックチェーン技術の導入によって、ObjectTech社は、デジタル化されたパスポートは、プライバシー保護のための「自己管理ID」と呼ばれる新機能を取り入れることになっています。この新機能は乗客に、パスポート情報を見ることのできる相手を管理できるようにします。

ObjectTech社の共同創業者兼最高経営責任者であるPaul Ferris氏は、彼のブログ投稿で以下のように述べています。「目的は、乗客にも自身のデジタルデータを全てにわたって完全に管理させることで、空港でのより速いチェックイン・プロセスと海外旅行者への安全性を提供することです。さらに、どんなに計画のタイムラインの詳細が不透明なままであろうとも、試験的プログラムは2020年までに準備が整う予定です。」

ドバイ政府は、世界(各国)に10年先駆けてすべての公益事業を保証することを約束しています。そしてドバイ当局は、プロジェクトに取り組む28社の革新的な新興企業の登録と共に、ドバイの未来促進プログラムの第2ラウンドを完了させました。この協力は、主にヘルスケア、教育や公共料金等の公的分野をカバーします。

他のアプリケーションも、ブロックチェーン技術を空港でのIDチェックに以下のように応用しています。

2016年にShoカードは、渡航技術プロバイダーのSITA社と提携することを発表しました。狙いは、旅行者が空港を通過し国境を越えるためにシングルトラベルトークンを使用する新しい方法の開発です。この革命的技術は、安全性と、乗客の生体認証を容易にしました。つまるところ、Shoカードは何枚も渡航文書を提出する必要性を失くすうえに、乗客が自身の個人情報を完全に管理するので、個人情報を保護するのです。

個人情報の安全を確保するため、当社のWrapiousが開発したBlockchain技術を使用したSNS "Wrappy"を強くお勧めします。
  
参考文献:

http://www.objecttechgroup.com/the-blog/2017/6/6/objecttech-agreement-with-the-gdrfa-dubai

http://www.objecttechgroup.com/the-blog/2017/5/19/objecttech-signs-mou-with-dubai-department-of-economic-development

https://www.cryptocoinsnews.com/blockchain-technology-can-improve-airline-industry/

https://www.finextra.com/blogposting/14111/blockchain-and-the-airline-industry-ready-for-take-off

http://www.coindesk.com/blockchain-identity-airline-it-provider/

https://shocard.com/wp-content/uploads/2016/05/ShoCard-release-v1.5.pdf

https://www.accenture.com/us-en/insight-potential-blockchain-technology-for-airlines

 

ニューストップ NEWS ドバイ国際空港がブロックチェーン技術によって入国審査自動化へ